I love Phalaris

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリザベス女王杯 回顧

2010/11/15 Mon

時計的には標準的な馬場。
馬場としてはインが荒れていて、外差しが決まりやすい馬場。
インはラチ沿いだけは、なんとか残る馬場だった印象。
ペースはスローペース。ラップタイムはソコソコ出ていますが、
テイエムプリキュアが作ったラップでレースの重心は10馬身は後ろでかなりスローペース。
瞬発力とスピードが求められた勝負だと思います。
この展開でアパパネを1秒も離すとは、、、参りました。


スノーフェアリー
道中はアパパネをピッタリマークする形でレースを進め、
最後の直線でアパパネは外、スノーフェアリーはインのコースを選択。
インの馬場は荒れていて、日本騎手はほとんど外の馬場を選択していたので
外のほうがいい馬場だったと考えられます。
しかし、コロンバスサークル(武豊)がラチ沿いを選択しているので、
ラチ沿い1頭分だけ馬場が良かったと思います。
その荒れたインの馬場に突っ込んで行き、暴力的な加速。
全頭を置き去りにしてラチ沿いに進路変更。
レーディング118pは伊達ではありませんでした。
もしかしたらエリザベス女王杯のレーティングは119p以上が付くのではないでしょうか。
メイショウベルーガが112pです、そこから0.7secの着差なので119pでもおかしくありません。
もし付くようなことがあれば、重い馬場より軽い馬場の方が適正があると考えられます。
ブエナビスタの天皇賞(秋)が121pだったので、ブエナビスタも下手をすると喰われる可能性は大。



メイショウベルーガ
前走が大幅プラス体重での出走で、今回は絞れてくると思っていましたが、まさかの体重増での出走。
しかしパフォーマンスは全く落ちていませんでした。
もっとハイペースになってくれれば着差は詰められたと思います。
自分でレースを作れない馬なので仕方ありませんが、京都外回りでの力は非常に高いですね。
あと、少数頭でのレースで勝ちが集中していたので、多頭数は不利かと思いましたが、
杞憂に終わりました。


アパパネ
秋華賞からデキ落ちの状態での出走。
しかし、かなり高いレベルで維持できていたみたいですね。
横綱競馬で3冠牝馬として恥ずかしくないレースは出来たと思います。
適正はマイルで、やはり少し掛かっていました。
言うまでもなく来年のヴィクトリアマイルでは有力でしょう。


サンテミリオン
スタートで飛び跳ねるようにして出遅れ。やはりスタートに難があるようです。
道中あまり脚を使わずインからいい位置に付けることが出来たように見えましたが、
直線でインを付き伸びあぐねました。
ラチ沿いを走れればもう少し詰められたと思うだけに、
人気が下がるようであれば今後も狙い目はあると思います。


リトルアマポーラ
スローペースを前々でレースできたのが大きかったと思います。
もっと軽い馬場であれば馬券内に来れたと思います。


ヒカルアマランサス
折り合いは付いていましたが、距離は短いほうが良いように思います。
こちらももっと軽い馬場で浮上すると思います。


人気ブログランキングへ

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメント

Secret

フリーエリア
プロフィール

チョッチ

Author:チョッチ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
4556位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
1803位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。