I love Phalaris

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇賞(秋)展望

2010/10/31 Sun

馬場はすごい勢いで乾いている様子。
午前中は重馬場だった馬場も、やや重まで回復している。

実際にタイムも、そこそこ速いタイムが出ており、
もしかしたら、天皇賞(秋)は良馬場発表で行われるかも。

馬場状態は今週からAコースからBコースに変わり、
土曜日のレースが月曜日に延期、
東京競馬場は内から馬場が乾くというのもあり、
内の馬場が良い状態で内が有利。
(日曜日の7、8レースは前残りのレースが続いていますが、
スローペースなのも要因としてあります。)

今後の馬場の乾き具合にも注意が必要ですが、
とりあえず、現在の馬場状態では、アーネストリーの馬券が堅そうに見えます。

シルポートが1000m通過タイムが59.2秒より速いペースで逃げれば、
アーネストリーに向いた展開になると思います。

◎アーネストリー
○ブエナビスタ
▲ネヴァブション
△ペルーサ


基本的には、宝塚記念の結果を評価します。

ペルーサは外を回す競馬を続けており、現在の馬場状態により評価を落としました。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

天皇賞(秋)展望2

2010/10/30 Sat

週中の展望で本命はペルーサとしましたが、

台風の影響で馬場が分かりませんのでいったん白紙とします。

馬場予想としては、次の2つの馬場が考えられます。

① 内だけが伸びるイカサマ馬場。

② ロジユニヴァースが勝った日本ダービーのようなドロドロの馬場。


上記の2パターンの馬場を前提に考えると、

エイシンアポロンは重は得意そうだし、内枠を引けたので①のような馬場だと有力。

アリゼオは大外枠を引いてしまったが、首の高い走法で重馬場はプラス。

ジャガーメイルは目黒記念で不良馬場を2着に走っているが、ミヤビランベリに0.8sも離されては強気にはなれない。

ブエナビスタは馬格がないので、ドロドロの馬場は向かないと思う。

アーネストリーは一番合うかもしれない。

人気ブログランキングへ

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

天皇賞(秋) 展望

2010/10/28 Thu

天皇賞(秋)本命はペルーサとします。

出遅れ癖のある馬は本命にしないのがセオリーですが、

出遅れの原因がハッキリしている為、ここでペルーサを初めて本命に指名したいと思います。

原因は下の写真を見てもらうと、

ペルーサの安藤ジョッキー(黒)が、だいぶ後ろに頭があるのが分かると思います。

これは馬が後ろに、もたれていたのが原因でそれさえ直せば出遅れは解消されると考えられます。

原因は分かっていますし、ゲート練習も毎日王冠の翌日から行ったとの事です。

出遅れ対策は「出来る限りの準備はしている」との事なので期待したいですね。

ペルーサ出遅れ

レース映像を観てもらえば良く分かると思います。



次に天皇賞(秋)での3歳馬の成績ですが、

勝ったのは96年バブルガムフェロー、02年シンボリクリスエス(中山開催)の2頭だけです。

しかし、有力馬はほとんど菊花賞に出るため天皇賞(秋)には出てきていません。

また、出てきた場合は馬券になる確率は非常に高い印象です。

気になったので調べてみました。

<近10年の3歳馬の成績>

2009年 出走馬なし

2008年 ディープスカイ 2番人気 3着

2007年 出走馬なし

2006年 アドマイヤムーン 2番人気 3着

      サクラメガワンダー 12番人気 9着

2005年 ストーミーカフェ 15番人気 8着

      サクラメガワンダー 10番人気 16着


2004年 ダンスインザムード 13番人気 2着

      シェルゲーム 14番人気 13着
      
      ダイワメジャー 12番人気 17着

2003年 出走馬なし


2002年 シンボリクリスエス 3番人気 1着


2001年 トレジャー 7番人気 8着


2000年 イーグルカフェ 6番人気 4着


人気薄は、ダンスインザムードのみしか馬券になっていませんが、人気馬はすべて馬券になっています。

もう10年遡ってみても、4番人気以上はすべて馬券になっています。結構すごいと思います。

3歳馬好走の要因としては東京2000mで3歳牡馬に対する2kgのアローワンスは、

3歳馬に対して有利なのではと思います。

(マイルCSではアローワンスは1kg。天皇賞(秋)では1.5kgくらいが妥当なのでは。

 変な斤量になるのでありえませんが、、、勝手な妄想です。)



また、現状の古馬が手薄な状態なのもペルーサ本命の要因です。

強いと思える馬がブエナビスタとアーネストリーのみです。

本来であれば4歳牡馬が主役になっているはずですが、出走馬ゼロ。

かなり手薄なメンバーだと思います。

その証拠に他路線のはずの、3歳馬の出走が過去最多の5頭参戦、

ダービー以降1800m以下のレースしか使われなかったスーパーホーネットの初参戦だと思います。

ここは強い3歳馬が出てきて競馬を盛り上げて欲しいと思います。




予想のポイントとしては、やはりブエナビスタで前の馬をすべて捕まえるまでは真面目に走るが、

抜け出すと力を抜いてしまう特性だと思います。


自分のシナリオとしては、直線でアーネストリーが抜け出し、それをブエナビスタが捕まえる。

しかし、ブエナビスタは抜け出すと力を抜くので、最後にペルーサが差しきる。

まあ、そんな簡単な競馬はありませんが、ただの妄想です。

あっさり出遅れて終わりかもしれませんし、スミヨンJが抜群のタイミングで抜け出してくるかも知れません。

弱気です。


◎ペルーサ
○ブエナビスタ
▲アーネストリー


人気ブログランキングへ

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

3歳 牡馬 メモ

2010/10/26 Tue

・アリゼオ

 基本はマイラー気質
 GIでは厳しい。

・エイシンアポロン

 基本はマイラー気質
 重は上手い。
 GIでは厳しい。

・エイシンフラッシュ

 血統にノーザンもサンデーも入ってない貴重な種牡馬として期待大。
 今年の凱旋門賞馬と同じ父というのもあって種牡馬として期待。
 種牡馬としての価値を下げないために変な使い方をしないと思う。
 複勝圏内を外すことはないかもしれない。
 早めに引退すると思う。

・ローズキングダム

 強い競馬を続けているが、持久力に不安がある。
 まだ、信頼していない。

・ヴィクトワールピサ

 重馬場、荒馬場を苦にしない。
 凱旋門賞でも頑張っていたので力はある。
 JCで負けて、有馬で買いたい1頭。

・クォークスター

 菊花賞では位置取りが後ろ過ぎたが、断トツの末脚。
 今年のタキオンの一番手。GIでも活躍できる。
 有馬で買いたい1頭。スタミナ差し。

・ヒルノダムール
 
 賛否両論あるかもしれないが、イメージはレッドディザイア。
 中距離ベスト。スタミナ差し。

・ペルーサ

 能力は世代トップ。出遅れ癖さえ克服すれば主役。今後、もっと強くなる。
 

・ヤマニンエルブ

 今後の長距離の主役。
 中山は苦手。
 ベストは京都。
 京都記念、阪神大賞典、京都大賞典で買いたい。

・レーヴドリアン

 京都外回り専用。
 藤岡祐騎手から福永騎手に代わってスタートが良くなった。
 天皇賞(春)は荷が重いかもしれないが、万葉Sでは期待。

テーマ : 競馬なんでも
ジャンル : ギャンブル

菊花賞回顧

2010/10/25 Mon

菊花賞のラップは1000m通過が61.0秒で過去10年で3番目に遅いタイムです。

そこから、数馬身ほど離されて2番手、3番手と隊列をなしていたので

本質的にはかなりのスローだったのではないでしょうか。

そこからの4Fの持久力勝負で持久力は問われない展開。このペースでは完全に前が有利。




追い込んできたローズキングダムは強い内容だったとおもいます。

しかし、JC,有馬なども有力だと思いますが、持久力が問われるレースでは活躍した実績がないので

古馬との初対戦はまずは見したいと思います。


ビッグウィークは首が高い走法が気になりましたが、

レース直前の雨により、自信を持って本命にすることが出来ました。

(首の高い走法は重が得意なことが多いです。)

今回は、スローペース、雨とかなり恵まれた印象が強い。

坂が苦手の可能性も高く、今後はかなり買いにくい。

今後も人気しないようであれば、慎重に見極めてから買いたい。

やはり適正は、重馬場、平坦。距離は短くても良い。


馬券は菊花賞の血統と配合の法則により的中

これで12年連続で、血統と配合の法則をクリアした馬が勝っています。

来年は法則が崩れるかもしれませんが、同じように買いたいです。


菊花賞


最近は負けが込んでいたので、非常にありがたい的中でした。

人気ブログランキングへ

菊花賞展望

2010/10/23 Sat

今年は皐月賞馬もダービー馬もいない菊花賞。

それにセントライト記念で好走し、菊花賞で大勝負を考えていたヤマニンエルブが回避。

これはちょっとショックでした。

そして、仕方なく本命に考えていたエイシンフラッシュも回避。

これは全然ショックではありませんでした。むしろ助かりました。



菊花賞は京都3000mと3歳馬にとって未知の領域です。

問われる性質も今まで見えてない部分に大きく左右されると考えられますので、

菊花賞は血統と配合面から本命馬を決めることにしています。

ここ10年は血統と配合をクリアした馬しか勝ってません。

今年のメンバーで血統と配合面をクリアしたのは、

シルクオールディ、リリエンタール、ビッグウィークの3頭。

おお、人気薄ばかりですね。不安ですがブレずに単勝を買います。



今のところ3頭のなかで一番本命に近いのはシルクオールディ。

前走はダービーのリプレイのようなスローペースで持ち味を生かせなかったのが原因だと思います。

菊花賞では大外枠のサンディエゴシチーの逃げ宣言もあり、ある程度レースも流れるのではないでしょうか。

http://keiba.yahoo.co.jp/news/20101023-00000008-dal-horse

ある程度流れれば、ペース、距離延長と条件は好転しますので、人気に反発してくれそうです。

しかし、血統、配合面はクリアしますが、前走10着がデータ的にはマイナス。


次にビッグウィーク。

前走はローズキングダムに突き放されましたが、瞬発力の差によるものなので、あまり気にしていません。

それより問題は頭の高い走法で、距離延長に不安を感じます。

前走ではラストで脚が止まりかけてるのも不安。

平坦の京都代わりがプラスになることを期待します。

血統と配合、前走3着とデータ的にはベスト。

本命はやはりこっちか。


リリエンタールは父モンジューで凱旋門賞馬。

そのときの2着がエルコンドルパサーと日本では一番有名な凱旋門賞馬ではないかな。

血統、配合面、データからは買い。


血統、配合を抜きで考えると、トウカイメロディは非常に良い競馬を続けてますし

ローズキングダムもこのメンバーでは抜けてます。

しかし、ここは2着までと勝負に出たい。


馬券としては、

シルクオールディ、ビッグウィーク、リリエンタールの単勝を強弱をつけて買います。

人気ブログランキングへ

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

秋華賞回顧

2010/10/22 Fri

いまさらながら秋華賞の回顧を簡単に、、、

本命にしたアグネスワルツは能力不足かもしれませんが、

原因はHペースラップと3コーナーで緩めたことと考えたいです。

3コーナーで緩めたことにより瞬発力を問われ、持久力もあまり問われないラップ構成となっており、

ラップ構成としては前哨戦のローズSと似ているというのが、感想でそれが、

アニメイトバイオ、ワイルドラズベリーの好走を生み、アブネスワルツの凡走を生んだと考えます。


アグネスワルツは持久力と持続力を評価しているので、

それが問われやすい秋華賞で力を発揮できなかったのが残念です。

あそこまで前半をとばさず、中盤で2Fも緩めない展開を前提にしていたので予想は完敗でした。

しかし、まだ見限るのは早いと思いますので、適条件でまた買います。


アパパネは強いですね。4冠おめでとうございます。

京都の内回りは内がにトラックバイアスが働いてたように見えてましたが、

それを外を回しての横綱相撲での圧勝。すごい!!


サンテミリオンはブービーから1秒差の最下位。

同着とはいえ、オークス馬で重賞2勝馬。特に特殊な馬場という訳でもないのにどういうことか理解できない。

原因は表には出ない走れない原因があったのかもしれない。

それが前日、前々日の人気薄につながったのかもしれない。

(私は秋華賞はアパパネとサンテミリオンが人気を分け合うと予想していただけに、

 サンテミリオンの前日人気は意外だった。)

サンテミリオンは原因が分からないだけに、次走は静観が妥当か。


ディアアレトゥーサは外を回したのが痛かったが強い競馬をした。

今後も評価したい。

人気ブログランキングへ

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

府中牝馬S展望

2010/10/15 Fri

府中牝馬Sは瞬発力とスピードが問われるレースで、スタミナ差しは通用しにくい。



適正的に合いそうなのは、

ダイワジャンヌ、リトルアマポーラ、ブロードストリート、スマートシルエット、ムードインディゴ、


そこで一番の狙い目はリトルアマポーラ。前走はトップハンデ57kgで適性の無いコース。
今回は55kg、適正の合いそうなコースで巻き返しを期待する。


ブロードストリートは人気だと思うが、ここは適条件。


スマートシルエットはまだ良く分からないが、ここに適正がありそう。


ダイワジャンヌは能力が足りないかもしれないが、嵌れば可能性はある。


ムードインディゴは状態が悪そうなので、今回は静観。


ニシノブルームーンはヴィクトリアナイルで3着で人気の一角だと思うが、
スタミナ差しタイプなので、伸びてはくるが届かない。掲示板まで。
ハイペースになるようだと浮上する。


テイエムオーロラは適正が掴めていないが、調子がとても良さそうなので怖い1頭。


ブライティアパレス、ブラボーデイジーは速い末脚がないので厳しい。

◎リトルアマポーラ
○ブロードストリート
▲スマートシルエット

穴ダイワジャンヌ


馬券的にはアグネスタキオン産駒の2頭。
リトルアマポーラorブロードストリートの単複。
状態、オッズと相談したい。

人気ブログランキングへ

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

秋華賞展望

2010/10/14 Thu

秋華賞はオークスで前々で頑張った馬を狙え作戦でいきます。

オークスを前々で頑張った馬はかなりの確率で秋華賞で好走します。
(具体的にはオークスで4角3番手以内で最先着で掲示板以内、1000m通過タイム62秒以下。
 上記を基本に選びます。4角3番手以内がいない場合は5,6番手以内)

該当馬は下記となります。

2009年 ディナジーナ 
      オークス 4角3番手 5着 1000m通過タイム 61.0
      秋華賞出走せず

2008年 ブラックエンブレム 
      オークス 4角3番手 4着 1000m通過タイム 61.4
      秋華賞 1着

2007年 ベッラレイア 
      オークス 4角5番手 2着 1000m通過タイム 59.1
      秋華賞 4着(乗り替わりで、追い込み馬に、、)


2006年 アサヒライジング 
      オークス 4角2番手 3着 1000m通過タイム 58.1
      秋華賞 2着

 2番手候補 カワカミプリンセス
      オークス 4角5番手 1着 1000m通過タイム 58.1
      秋華賞 1着


2005年 エイシンテンダー 
      オークス 4角1番手 4着 1000m通過タイム 63.1
      秋華賞 7着(オークスはスローペースの前残り)

 2番手候補 エアメサイア
      オークス 4角6番手 2着 1000m通過タイム 63.1
      秋華賞 1着



2004年 ダイワエルシエーロ 
      オークス 4角1番手 1着 1000m通過タイム 62.0
      秋華賞出走せず

 2番手候補 ウイングレット
      オークス 4角2番手 7着 1000m通過タイム 62.0
      秋華賞 3着


2003年 ヤマカツリリー
      オークス 4角3番手 4着 1000m通過タイム 61.2
      秋華賞 3着

 2番手候補 チューニー
      オークス 4角5番手 2着 1000m通過タイム 61.2
      秋華賞 13着(オークスはフロックだったかも)

2002年 ユウキャロット
      オークス 4角2番手 3着 1000m通過タイム 61.8
      秋華賞 6着(ファインモーションが強すぎて先行勢全滅(単勝1.1倍))

2001年 テイエムオーシャン
      オークス 4角5番手 3着 1000m通過タイム 60.4
      秋華賞 1着

2000年 チアズグレイス
      オークス 4角3番手 2着 1000m通過タイム 63.5
      秋華賞 4着(スローペースと混戦)


上記より本命はアグネスワルツとします。

2010年 アグネスワルツ
      オークス 4角2番手 3着 1000m通過タイム 60.6
      秋華賞 Χ着





次に過去の馬券内の馬を見ると、基本的には実力馬はみんな馬券になってます。

2009年のブエナビスタ、レッドディザイア
2008年は混戦
2007年のダイワスカーレット、ウオッカ
2006年のカワカミプリンセス
2005年のラインクラフト、エアメサイア

上記のようにレベルの高い馬は馬券になってます。


2008年は混戦としましたが、近年では一番レベルの低い年となっていて、
レーディングを見てみても、
オークスはトールポピーの109p、桜花賞のレジネッタが107pとレベルが低く、
どれが勝ってもおかしくない混戦と読んでました。オークスの疑惑の判定もこの年です。

今年のアパパネ、サンテミリオンのレーディング111pは、
2009年、2007年には劣りますが、
かなり高いレーディングとなってます。

上記より今年の秋華賞はかなり堅い決着となるのではないかと予想します。


◎アグネスワルツ
○アパパネ
▲サンテミリオン


人気ブログランキングへ

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

毎日王冠 回顧

2010/10/11 Mon

簡単に

①やや重の芝の状態と、ペースも1000m通過58.9secとそれなりに流れたため、
 上がりのタイムだけの競馬とはならなかった。

②雨の後の東京競馬場で度々、見られる内だけ伸びるトラックバイアスがみられた。
 上位3頭をそのまま評価してはいけない。

③現在の4,5,6歳馬のレベルが低い。今後も、高齢馬、3歳馬を重視したい。
 今年の毎日王冠はレベル低い。天皇賞(秋)厳しい。

④ペルーサは出遅れ癖が酷いので、能力は認めるが今後も本命にはしない。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

毎日王冠展望

2010/10/06 Wed

ここ数年は、スローからの瞬発力勝負となるレース。

(ここ2年はウオッカが逃げるというスローな展開。)

今年も1000m通過タイムが59.5sec程度であれば、ペルーサが最有力。

ペルーサは古馬と初対戦だが、このペースなら対応できる。

しかし、シルポートが58.5sec程度で逃げれば、シルポートにも可能性が出てくる。

シルポートは基本的にはマイラーなので、前走のオールカマーは距離が長く、

負けた理由ははっきりしている。

人気も少なからず落ちるだろうから狙い目。シルポートにはガンガン攻めて貰いたい。

しかし、シルポートが好走する展開だとショウワモダンにも有利に働く。

馬券的にはシルポートの複勝もしくは、ショウワモダンとシルポートのワイド。


人気ブログランキングへ

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

2010 古馬マイル以下

2010/10/06 Wed

・サンカルロ

 スタミナ差し型
 大飛び
 軽い馬場対応可能

・キンシャサノキセキ
 
 日本スプリント界トップ
 基本的には軽い馬場、平坦得意

・ダッシャーゴーゴー
 
 基本的にはカノヤザクラと同じ適正でよいと思う。
 軽い馬場、平坦が得意

・ジェイケイセラヴィ
 
 スタート良い
 軽い馬場、重い馬場対応可能(パワー有り)

・ビービーガルダン
 
 時計が掛かる馬場得意
 時計に限界あり。
 上がり3Fが掛かるようだとパフォーマンスを上げる。

・トライアンフマーチ

 Hペース、高速馬場は得意。
 能力高い。2010春では一番手。
 その後、屈腱炎。幹細胞移植手術で治療中。

・スマイルジャック
 
 安田記念では、超絶の仕上げ。あのパフォーマンスは出せない。
 軽い馬場得意。持久力の問われる展開で買いたい。

・キャプテントゥーレ

 小回り巧者。
 馬場質は軽いのは苦手。
 距離は2000m以下。

 

2010牝馬

2010/10/05 Tue

競走馬の適正メモ

・アパパネ

 持久力が問われないレースが苦手。
 スローからの3F勝負など。
 基本的にはオールマイティにこなす。

・アプリコットフィズ

 息を入れてからのロングスパートが得意。
 馬場は少し重い方が良い。

・アニメイトバイオ

 軽い馬場が得意。
 平坦の方が良さそう。
 
・アグネスワルツ

 上がりに限界がある。
 持久力高い。

 
・オウケンサクラ

 上がり時計に限界がある。
 坂は得意。平坦は割引。

・エイシンリターンズ

 雨得意。(ソースは福永Jコメント)
 距離に限界有り。
 オールマイティにこなす。

・サンテミリオン
 
 今のところ、5戦4勝で弱点不明。
 
・ショウリュウムーン

 雨は苦手。
 時計が掛かる馬場は得意。 

・ワイルドラズベリー

 平坦コース得意
 距離に限界がありそう。ベスト1400m
 

少しづつ更新します。

スプリンターS回顧

2010/10/04 Mon

今年のポイントは
① 馬場状態はオール野芝で高速馬場。
② 外を回すと間に合わない、内がいい馬場だった。

レコードも期待したが、7.4secまでだった。
原因はテンが以外に早くならなかったことだと思う。

前半と後半に分けると、33.3-34.1

このくらいの緩い流れと高速馬場だと、

サクラバクシンオーもスプリンターSで活躍出来るようだ。


勝ったウルトラファンタジーは絶妙なペース配分でハナ差残した。

この馬のスタートの速さは素晴らしかった。

やはり香港馬は短距離では、人気薄でも抑えておかなければならない。

2着(4着膠着)のダッシャーゴーゴーは馬場と展開に助けられたが、

能力が高いから対応できたもの。

しかし、一番の好走要因はインをロスなく立ち回ったことだと思う。

それが、仇になって降着してしまったが。

今回の好走は全てがプラスに働いたためで、

来年以降のスプリンターSではサクラバクシンオー産駒は簡単に信頼してはいけない。

キンシャサノキセキは外を回しての好走で、

パフォーマンスは勝ち馬を上回るものだった。

セン痛明けで若干嫌われた感があったが、間違いなく現在、日本で一番強いスプリンター。

また、セン痛は調子のいい馬になりやすいらしいです。

サンカルロはインでロスの無い競馬をしたのが大きかったが、中山スプリント戦は合う。

もう少し、テンが早くなるか、時計が掛かれば詰めれたと思う。

マイルCSも面白いかもしれない。(考察要)

ワンカラットは能力通り好走した。

ジェイケイセラヴィは6着だったが、適正の高さを見せた。

スタートも良く、しぶとさも見せた。

枠が内であれば確実に詰めれたと思う。来年のスプリンターSも覚えておきたい。

アイルラヴァゲインは中山スプリント巧者で人気に強く反発したが、

馬場が軽いのが合わなかった。雨が降っていれば詰めていた可能性が高い。



Yzanさん

サンカルロ本命、お見事です。
不利さえなければ、確実に詰められていただけに勿体無かったですね。
今後の走りに期待しましょう。


人気ブログランキングへ

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

スプリンターS結論

2010/10/03 Sun

スプリンターS結論

雨の時間が遅くなったため、良馬場の超高速決着となると予測します。
馬場の状態は速く、レコードが出てもなんら不思議ではありません。

馬券的には高速馬場ということで、内枠先行重視で考えたいと思います。

やはり、本命には高速馬場にも適正がありそうなグリーンバーディを推します。
前走のパフォーマンスはバツグンで、ここでも強いと思います。

対抗には、前走セントラルS勝ちのダッシャーゴーゴー。
父サクラバクシンオーは、スプリンターSは不向きですが、
今年の野芝の高速馬場なら、乗り切れる可能性に期待します。
また、調教が超抜で仕上げは万全。


◎グリーンバーディ
○ダッシャーゴーゴー
▲ビービーガルダン
△ウルトラファンタジー
△ジェイケイセラヴィ


馬券的にはダッシャーゴーゴーの単複に期待したい。
人気ブログランキングへ

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

フリーエリア
プロフィール

チョッチ

Author:チョッチ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
7667位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
2768位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。