I love Phalaris

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリザベス女王杯 回顧

2016/11/13 Sun

馬場は-1.0に近い馬場でインは少し荒れてると思った。それで下級条件でハービンジャー産駒が来てたから、パワーがいる馬場だった。
しかし、2400でトニービンもきていたので、持続力にフォーカスしてしまった。
レースが超スローで流れたのもあり、パワーのあるマンカフェ産駒が内馬場で伸びたという結果論。
パールコードはパワーが少し足りなかった。
スポンサーサイト

阪急杯回顧

2013/02/24 Sun

馬券はロードカナロアを軽視したため失敗で、ほんの少しプラス。
回収率は下がったけど、的中率は上昇したのでよしとする。

ロードカナロア殿、軽視してごめんなさい。
本当に強かったです。高松宮記念も軽視したら駄目ですね。
ロードカナロアからの馬券を考えなければいけませんね。
サクラバクシンオークラスのスプリンターと考えていいかもしれません。

マジンプロスパーは直線で少し詰まったけど、もうロードカナロアには敵わないですね。
今回は状態も非常に良く感じられたし、勝負仕上げだったように思った。
高松宮記念では状態に注意したい。

オリービンはスプリントに適正が高そうで、夏のスプリント戦線に出てきたら面白いと思う。


↓こんなバラバラ買わずに、単複のみにしとけば良かった
これに馬連900円を別途購入



るるる

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

札幌記念回顧

2011/08/23 Tue

レースのポイント
・馬場は標準~若干軽い
・スローペース
・イン有利

仕上がりを危惧していたトーセンジョーダン、レッドディザイアが順当に1着、3着。
このレースで引退(渾身の仕上げ)のアクシオンが2着。
結果的に能力上位が、そのまま馬券になっている。
過去の結果を見直したが、能力上位の馬が馬券になっていて、開幕2週目の割にはフェアな印象。

今年は特にトーセンジューダン、レッドディザイアの力が抜けていただけに、
調子は度外視してでも、ここから馬券に入るのが正解だった。

来年買いたい馬券は
・純粋に能力上位馬
・牝馬(GI馬 OR クイーンSからの連闘)


カリバーン
トーセンジョーダンに潰されてしまったが、見せ場は作ったし、
軽い馬場になればGⅢくらい勝てそう。

人気ブログランキングへ

クイーンS 回顧

2011/08/14 Sun

回顧

レース後のポイント
・Hペースで持久力が求められた
・差しが決まりやすい馬場
・まさかの雨で、馬場は標準レベル。


アヴェンチュラ
強い競馬だったが、雨とHペースがこの馬には向いたように思う。
ローズSにもし出るようなら軽視したい。
秋華賞では、条件は少し悪くなる。
小回り、Hペース、重い馬場が好走条件か。


アニメイトバイオ
ギリギリ3着を死守してくれて、ありがとう。
次走は府中牝馬ステークスかな。
去年のような極端な馬場でなければ買いたい。
エリザベス女王杯以外は能力通り走っていて、
高いレベルで安定していて頼りになる。


馬券としては、本命のアニメイトバイオの単複をメインに馬券購入で僅かにプラス。

夏トク対象レースだったので、ワイドで購入する予定だったが、

合成オッズを出すと、圧倒的に複勝のほうが良かったので複勝に変更したのが良かった。


人気ブログランキングへ

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

阪急杯 回顧

2011/03/02 Wed

阪急杯の馬券アプローチを今後のためにメモとして残しておきたい。

金曜日
①能力上位馬の選定(斤量差含む)
 ガルボ、ビービーガルダン、サンカルロ、ワンカラットとして、この中から本命を選ぶ事とする。

②過去の阪急杯分析
 持久力が求められる傾向が強いレースなので「持久力」の裏づけの無い馬を消す。
 ガルボ×

土曜日
③馬場状態の確認。(開幕週なので特に注意)
 アーリントンCでダートで勝ちあがってきた馬が1、2着となる。
 その他、条件戦を確認すると、オペラハウス産駒や母父パラダイスクリークなど重に強そうな血統が来ている事に気づく。
 「ダート、重馬場適正優位」と推測する。

 アーリントンCではダート実績馬の差しが決まっており、開幕週ですが単純な前残り馬場では無い印象。
 ペース、適性、能力しだいで差しが決まる馬場だと推定。

④その他の気づき(オッズ)
 ・日曜日のすみれ賞でダート実績しかないグレープブランデーが1番人気だった。
 ・サンカルロのオッズが土曜の午前中は9倍前後だったが、2時頃確認すると3倍台後半だった。
 上記の2点は大口購入が考えられた。(この2つは同じ購入者だったのではないかと思っている。)

日曜日
⑤馬場の確認
 ・すみれ賞のグレープブランデーは5.7倍まで人気を落し、2着に好走した。
  「ダート馬優位」を信頼することとする。
 ・サンカルロは8倍台まで人気を落としていた。
  やはり大口購入があったと考える。

⑥距離適正
 ・距離適正は手探り能状態ですが、今回のようにパワーが必要な馬場だと、実際の距離以上に適性が
  ある馬に優位性があると考えているのでマイラー優位と推測。


まとめ:馬券の選定
(1)ダートに出走歴がある
(2)1600mで好成績
(3)持久力がある

とした。

具体的には、
◎サンカルロ
 大口購入もあり、能力上位、ダート経験あり、マイラー、持久力とすべてクリアで本命。
 父シンボリクリスエスも心強い。

▲フラガラッハ
 ダート勝ちあり、マイラー、持久力△でヒモ。

▲コスモセンサー
 ダート経験、マイラー、持久力とすべてクリア。ヒモ。
 
△トシギャングスターとケイアイデイジー
 ダート実績のみで父クロフネ産駒を遊びの範囲で。

馬券は下記のように購入
hankyuuhai15サンカルロ  9コスモセンサー  4フラガラッハ  3トシギャングスター  16ケイアイデイジー


サンカルロの単複とワイド。
コスモセンサーとフラガラッハの単勝をリスクヘッジとして購入。

レースが終わってみれば、馬券の選定は「能力上位のマイラー」を買うというのが正解のように思えた。
サンカルロとガルボは展開が変わっても馬券内だったと思う。
フラガラッハはHペースに恵まれただけで運が良かった。ペースが落ち着いたら駄目だった可能性は高い。
理想的な馬券は、サンカルロの単複、サンカルロとガルボの馬連とワイドだと思う。
3連系の馬券はロスが多くなり効率が悪く思える。


回顧

テン3Fが異常に早く、「野芝」の「1200m」で行われるセントウルSよりも速い時計。
サンカルロはラスト1Fで手応え十分で先頭に並びかけていた点を踏まえて、
高松宮記念(今年は阪神開催)でも可能性は高い。
もう少し時計の掛かる馬場で、差しが届く馬場なら面白い。

ガルボは持久力に不安を感じて軽視してしまった。
調教内容、パドックは非常に良く見え、すみれ賞の1,2着馬がマンハッタンカフェ産駒なのも知っていて、
軽視したのだからしょうがない。
しかし、内枠からインと通りロス無く競馬できたのも好走要因で外を回していたら持久力不足で
パンクしていた可能性もある。
高松野宮記念には出走するのかは分からないが、中京開催の方が合っていたように思う。
時計が早くなればチャンスはあるかもしれないが、厳しいと見ている。

フラガラッハ
Hペースに乗じてレースが決まった後に突っ込んできた印象。
この手のタイプは自分でレースを作れないため、条件が合ってもヒモで買うだけにしたい。



しかし、良く考えてみればマイラーが優位な条件で行われた1400mだった訳ということは、
上位はマイラーだったということになる。
高松宮記念では今回負けたスプリンターにもチャンスはあり、面白いかもしれない。
また、その時の馬場状態で決めたいと思う。



人気ブログランキングへ
フリーエリア
プロフィール

チョッチ

Author:チョッチ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
8956位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
3460位
アクセスランキングを見る>>
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。